profile

芹沢高志takashi serizawa
代表理事

芹沢高志

career

1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。89 年にP3 art andenvironmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。

corporate activities

帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展『デメーテル』の総合ディレクター(2002年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(2003年~)。横浜トリエンナーレ2005 キュレーター。別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』総合ディレクター(2009年、2012年、2015年)。また現在、P3 art and environment 統括ディレクター(ピースリーマネジメント有限会社代表取締役)、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)センター長。さいたまトリエンナーレ2016ディレクター。一般社団法人サイレントヴォイス代表理事。

相澤久美kumi aizawa
理事

相澤久美

career

1969 年東京生まれ。その後日本各地を点々とし高校、大学は米国で過ごす。ボストン大学経済学部中退後、早稲田大学芸術学校建築科卒業。設計事務所に勤務後、1997年より1級建築士事務所ライフアンドシェルター社を共同主催。建築設計業務の傍、雑誌『A』の企画編集に携わる。現在はsilent voiceで映像製作、NPO法人震災リゲインで震災専門の紙媒体『震災リゲインプレス』を季刊発行(全国4万部)し、中間支援、調査提案業務など実施。

corporate activities

一般社団法人Mother Architecture理事、NPO法人淡路島アートセンター理事などを兼務。日本 BPW 会員。 映画『島の色 静かな声』(西表島)『東北記録映画三部作』(東北三県)、『幸福は日々の中に。』(鹿児島)。環境省「みちのく潮風トレイル調査提案業務」(東北4県)、アートプロジェクト「五斗長ウォーキングミュージアム」(淡路島)など地方の仕事が多い。